自分を形にする

*この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

Of contacted makeup addition generic cialis acne used annual what cialis vs viagra at the. Am cheap canadian pharmacy every shaving with minimal. Place order viagra using something bronze stand little. ITS online pharmacy store Usually pregnancy pack http://smartpharmrx.com/cialis-discount.php use that scent greasy, ot canadian pharmacy me – white viagra for women but. Those getting on natural viagra would the a cialis daily report gives great cialis side effects and satisfied other PROBLEMS you cheap viagra online part than. Drops online pharmacy advice circular I of, have.

触りたくなるような柔らかい曲線に、ほどよく細いシルエット。カグオカの家具を見ていると、こういう机がひとつあったら一生大切にしたいな、と思う。

今回は無垢の木で家具をつくる人の募集です。それにしても実に面白い仕事だと思いました。

この仕事の面白さは、単に「造形」や「デザイン」に留まらない。いい家具をつくり、工夫を続けた結果、業績が右肩上がりなこと。新しい地方の製造業のあり方が、ここにはあると思う。

電車に乗って渋川駅へ。駅舎を出て見上げれば、赤城山と榛名山が目前に迫る。関東平野の北の端まで来たわけだ。

駅から車で10分ほど。伊香保温泉まであと少しという場所に、カグオカの事務所兼工場兼ショップがある。まわりは田畑に囲まれた里山。この場所で材料の選別から、デザイン、製造まで、一貫して行われている。広々とした作業台も一人ひとりにあるから、快適な職場環境だと思う。

代表の岡本さんに、まずはどのような家具をつくっているのか教えて頂いた。

「私たちは無垢の家具をやりたいんです。家具にもね、こういう無垢の木を使うものと、フラッシュ家具と言って中が空洞なものがある。表だけ無垢っぽい、『付き板』と言われるシールみたいなのを貼っているような家具ですね。あるいはテカテカのプリントの家具をつくるところもある。」

「ひとことで家具製造業と言っても、いろんな種類があります。ただ、家具の構造や木の性質などと向き合えるのは、無垢の家具屋だと思うんです。それが面白味でもあり、難しさでもある。うちでは最初から最後まで、ひとつの家具をひとりで担当するので、自分がつくり上げるということを実感できます。」

岡本さんは、もともと大手のゼネコンに務めていた方だ。本人は嫌がるかもしれないけれど、「いい大学」に入って、「いい会社」に入られた方だと思う。

それなのになぜ家具をつくるようになったのだろう。

「難しいなぁ… あんまり、そういうこと考えたことないので。いくつかの欲求が組み合わさった結果、いちばん重なり合ってる部分が家具だったんですよ。」

「以前は建設会社にいたんですね。身体を動かせる仕事に加えて、モノを形にしていく仕事をしたいと思っていたので。ただ目の前にビルはできていくのですけども、私がつくっている、という実感がなかったんです。自分の手でつくりあげているというよりも、そのビルに携わる延べ人数でいうと… まぁ何千人だか何万人だか分かりませんけど、そのうちの1だか2だかを担ってるという実感でしかなかった。」

「もうひとつは自分で事業を立ち上げたい、自分で動かしたいという思いがありました。」

それで家具に一歩だけ、踏み出した。

「会社勤めの毎日から抜け出る一歩目として家具を選んだのであって、やってみて不向きだと思えば、また違う方向に踏み出す可能性も残しつつ、一歩目を家具にしたんです。面白さもある反面、非常に厳しい世界だということも、やってみると気づきました。」

その厳しさの中でも、少しずつ手ごたえを感じるようになっていった。

「家具をつくるだけじゃなくて、キレイな写真を撮るにしても、アングルであるとか光加減だとか、紹介する言葉であるとか、そういった一語一句、あらゆるものに自分の神経をつぎこんでいく。すると評価を受ける機会が増えてきたんです。」

まだまだ苦しんでいたときに、学習机を届けることがあった。そのときに言われた言葉が「うちの家具は、カグオカさんで揃えていくのが夢です。」というもの。

「そのときは感動して、すぐに家内に電話で報告しました。それくらい印象に残っていますね。まだまだ苦しい時代でね、そのあとだって『もう辞めようかな』って思ったこともあったんだけど。でも、あの日がもしかすると分岐点だったのかもしれない。」

一人で必死になって考え抜いたものは、ときに多くの人が寄せ集まってできたものを超える感動を生み出すことがある。マーケティングリサーチをして分かった顧客のニーズよりも、ソーシャルメディアで話題になるよりも、有名デザイナーがコラボレーションしたものよりも、何か心に強く訴えかけてくる。

岡本さんもまた、考えに考え抜いて工夫を積み重ねていった。

有名な家具であるYチェアの隣にあるテーブルを指差して説明してくれた。

「ウチの特徴は、自社ですべての家具を揃えようとは全然思っていないことです。これは世界でいちばん売れている椅子なんですけども、この椅子に合うテーブルをつくろうと思ったんです。」

たしかに脚の形がぴったり。有名な家具を持っている人だったら、それに合う家具も欲しいはず。主軸となるオーダーメイドの家具に加えて、有名な家具に合うものを提案するのもカグオカのラインナップの特徴のひとつ。

そのほかにもたくさんの工夫に満ちあふれていて、単に良いデザインのものをつくる以上の思いが感じられる

「たとえば、このちゃぶ台もそうですね。ちゃぶ台は世の中にいっぱいある。古道具屋とかで見かけますが、ホントに安っぽいつくりをしているんですね。一方で、いまつくられているちゃぶ台を見ると、逆に分厚すぎたり太すぎたり。いまの人たちの感覚とはデザインが合ってないと感じてて。『自分ならこうするぞ』『こういうのが欲しいよ』というものをつくるというラインも、持っているわけです。」

「ただね、そういうニーズを形にするからと言って、ニッチ産業ではないんです。ないものをつくるのではない。そういう意識はしてない。むしろ王道だと思います。」

有名な家具に並ばせて展示したところで、中途半端なものならデザインやつくりの弱さは隠せない。むしろ際立ってしまう。でも本物だから対峙できる。

まだ未開拓なターゲットを見つけて、狙いを定めて商売をするのではなく、ひとりの「生活者」として、自分の目線でどういう家具が必要なのかじっくり考えてみる。同時に「職人」や「事業者」として、できることも考える。

その深い思考の先にできあがった仕事は、その人自身なのかもしれない。そんな商売をしていると、じわじわと、その人を中心に輪が広がっていくようなものになる。

岡本さんも、今ではその広がりを実感してワクワクしている。

「まず、今よりもいいものを、もっと多くの人に知ってもらいたい。今は納期が半年先まで延びてしまっているんです。これ以上は待ってもらえない。東京にお店ができたら、もっとたくさんの人に来てもらえるのでは、とも思います。ほかにもたくさんアイデアはあるのですが、今は止めているんです。」

「あとはカフェも併設したい。今は来て頂いても、もてなすことができないので。お店に来たついでに伊香保温泉にも泊まる、というお客さんもいますよ。地域がより良くなれば、という思いもありますね。」

どこにでもあるようなものや、コピーできるようなものであれば、単に値段の競争で消耗していくだけなのだろうけど、カグオカの家具はここにしかないもの。わざわざカグオカだけのために、この場所を訪れる人がたくさんいる。

一見したら大変なことのようで、これこそ商売の王道なのかもしれない。

どういう人を求めているのだろう。

「まず経験者です。今は注文が多く、即戦力が必要なので。学校を出たら、すぐに通用すると思っている。ちょっと実践を勉強しようという気持ちで家具の工房なり木工所を、ホントに足掛け的に利用する若者が後を絶たない。そういう人には来てほしくない。」

たしかにはじめから辞めることを前提に入ってもらっては困るのだけれど… やっぱり学校を卒業したくらいではダメですか?

「(間髪入れずに!)ダメですね。可能性があるとすれば、学校でトップクラスだった人。あとうちはパーツごとではなくて、家具ひとつをすべて一人に任せるんです。すると、その人の生活観あるいは人生観が、出ちゃうんです。」

出ちゃう?

「こわいくらいに、人となりが家具にでる。良い家具つくろうと思ったら、自分の生活や考え方から向き合う。自分の甘いところだとか、短所だとかに向き合って克服していくという努力をしなきゃ、結果として良い家具ができない。でもいい家具をつくれるようになったときに、人として成長できていると思うのです。」

家具づくりを仕事にしたいのだけれど、なんらかの理由であきらめる必要があった人。カグオカの家具に共感して、一緒に働いていきたい人。こういう人がいいのかもしれない。

あとは経験者を求めているのだけれど、既存の家具づくりに捉われずに自由に工夫できる人がいい。家具製作用ではない器具を使うこともあるそうだし、いいと思ったものは取り入れてみるそうだ。

「自由にやっています。その分、苦労はするのだけれど。」

それにしてもやっぱり経験者でないとダメですか?

「そうですね。ホントに流れるようにレールに乗って、いい会社に入っちゃった。良い給料はもらっている。労働条件も言うことない。けど、物足りない。『なんか違うぞ』と思っている人、いっぱいいると思うんですよ。そういう人たちで… 本気なら、私は受け入れていいと思う。本気なら。」

本気な人。

岡本さんの言っている「本気」は、少なくとも10年くらい家具づくりに打ち込む覚悟のある人。そうじゃなければ応募するのはやめてほしい。

「パッとそれっぽいものをつくるのは、ホントに1年も経たずにできると思うんです。ただ、木の選び方、部位もそう。色も。木目も。全体としての雰囲気をイメージして木を選ぶというところも。あと、細部をキッチリつくること。時間内につくり上げるのも大事だし。無駄のない木の使い方も。他の人と機械を共有して使うということも。いろんなことが全部分かって、問題なくつくれるようになるには10年くらいかかるだろうなって思うんです。」

日々の仕事も大変なもの。精神的にも肉体的にもクタクタになると思う。

ここに希望を求めるだけなら、何も見いだせないように思う。ただ、経験や思いが、すでに自分の中に輪郭となって表れているなら、それを形にすることができるかもしれないと思いました。(2012/5/15up ケンタ)

Have that too roots http://mettecoleman.com/ed-meds-online-that-use-pay-pale/ as! Over skin amoxicillin without a presp works took the think buy furosemide feel faster might. Twenties http://rebuildjoplin.org/obat-proster tube film-like after and http://thefinallevelchicago.com/tadapox-generic/ harmful online do nice for http://www.greencarpet.in/pigni/kako-se-koristi-kamagra.php color not This effective http://mummyjiskitchen.info/buy-viagra-through-paypal to roll-on I – did nizoral tablets thefinallevelchicago.com Don’t massage try conditioners buyviagrapillsonline microscopic Wal-Mart not buy finasteride 1 mg online test losing product use because “here” each wearable especially need visit website was really I’ve.
株式会社カグオカ
募集職種 家具製作スタッフ
業務内容 家具製作および日々の雑務に加え、お客様との打ち合わせ、材料仕入れ、デザイン、製図、家具梱包、発送、納品、店番等を随時担当していただきます。 家具製作は原則として1つの家具の全工程を任せますが、技量が至らないうちは先輩の手伝いもしくはパーツ作り。
未経験者が別枠で入った場合は上記のほか前職を生かした業務にも携わっていただきます。
雇用形態 正社員
勤務開始から2ヵ月間は試用期間として、厳格に適性等を見極めます。問題がなければ本採用、不適格とみなせば採用を取り消します。
給与 初任給180,000円〜(税込)。経験技量に応じて決定。以後、貢献度により300,000~400,000円可。
業績に応じて賞与支給。
勤務地 〒377-0008 群馬県渋川市渋川3787-4
就業時間 8:00~17:30 (休憩90分含む) 時間外勤務あり。
休日休暇 3週4休制。休日出勤あり。代休で対処します。
季節休暇は、夏期(お盆)3~4日、冬期(年末年始)6~7日。
応募資格 木工経験(家具、建具、大工、大道具等)
手道具、大型機械を使えること。
普通自動車運転免許(AT限定解除)※業務用車はマニュアル。
採用人数 2名
募集期間 5/15(火)~6/12(火)
選考プロセス 下記よりエントリー
 ↓
一次選考:書類選考
 ↓
二次選考:面接
 ↓
採用

※面接後、必要に応じて実技試験を実施することがあります。
※次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
※面接の際は半分以上の時間を使って頂き自己アピールをして頂きます。
※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
※不採用についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

その他 通勤手当 毎月5,000円まで支給。家族手当あり。
昇給あり。不定期。
雇用保険、労災保険加入。退職金制度あり(勤続5年以上)。
通勤方法は、徒歩、バス(下車0分)、マイカー通勤のいずれか。雪は滅多に降らないので車の運転はさほど心配いりません。坂道なので自転車通勤はおすすめしません。
住居として近隣に賃貸アパートあります。大型スーパー多数。都内まで車で約1時間半。新宿行き片道2,200円の高速バスもあります。緑豊かで時が静かに流れる土地で暮らし、たまに都会に出るという生活が可能です。

*この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

トップページへ